イメージ変化と実用性

これまではお医者さんの仕事着というと白衣に限られていました。それが最近になってカラフルなスクラブを着用する医師が増えてきました。スクラブは、白衣に比べて丈が短く活動的であることが最大の理由とされています。そして、病院という環境の衛生に対してもスクラブは大きく貢献しています。大概の白衣がアイロン仕上げをしなくてはならないのに対して、スクラブの方は洗いざらしで洗濯後はすぐ着用できます。院内の衛生管理のため、医師が毎日仕事着を洗濯する必要が生じた時、こちらの方が便利が良いのです。白衣の方が病院らしいという声もありますが、最近では従来の病院という無味乾燥のイメージから脱却しようという動きもあるのです。

確かに病院らしくない病院という所も増えています。医師、看護師共に白衣は着用せず、色物のスクラブを日替わりで着用するよう義務付けた病院もあるくらいです。着用したスクラブは毎日クリーニングをした上で、曜日によって着衣の色を変えるシステムをとっています。毎日洗濯済の着衣を着ていることで、衛生面の向上を図ろうというのです。そして、もう一つの着眼点は、白衣を見ると緊張してしまう人たちへの配慮です。特に幼い子供たちは病院を怖がります。お医者さんが白衣を着ないことで、少しでも緊張を和らげようという試みでもあります。そのような活動を通して分かってきたことは、スクラブが医師の仕事着として優れているということ、病院の雰囲気を明るくするということでした。病院へ訪れる人たちへの配慮として、スクラブは今後も活躍していくことでしょう。